Person.

underLine

私の「+MORE」

S.Tsunoki

person

“前進!”

商品企画本部 /
正社員/物流部門

『趣味』

アクアリウム

『普段意識している 「+more」はありますか?』

・仕事 
計画通りプロジェクト進める為にメンバーを巻き込むことと、メンバーが一致団結できる環境づくりを意識しています。

・プライベート
身体が資本なので、体力づくりはしています!笑

『働いていて最も印象深かったエピソードはありますか?』

停電の中での出荷業務を進めた事ですかね!
数年前の夏、台風で物流倉庫のあるエリア一帯が浸水してしまったんです。その影響で建物全体がまず停電。宅配便の運送会社さんも営業ができないような状態になったことがあります。
すこしずつ営業再開ができるようになって、とにかくまずお客様に迷惑がかからないように優先順位をつけてなんとか出荷しよう、と必死に出荷作業をしました。停電しているので、真夏に空調もなく・・・しかも、うちの倉庫の区画がたまたま6階にあって(笑)
エレベーターも動いてなかったので階段をがんばって上り下りしました。
物流部門で働いてくれているパートナーさんは主婦さんが多く、比較的年齢も高めの方もいたりして。そんな状況のなかでもみなさん出勤しますよ!と言ってくれて作業してくれたんですよね。
伝票作成用のパソコンを本社にもっていて印刷して、家からライト付きのヘルメットを持参して。みんなで真っ暗ななか真夏の倉庫内で出荷作業をしたことは今でも忘れられないですね。
大変だったけど、トラブルがあってもなんとかしよう!とパートナーさんはじめ社長や他部署の方々も一緒に考えて協力してくれたことがすごく印象に残ってます。

『これからの目標があれば教えてください!』

出荷クオリティーの向上と安定した物流業務の運用です!
最近POSシステムの変更やRFIDタグの導入などがあり、物流倉庫の作業がこれまでと大きくかわってきました。
これまで数日かかっていた検品が1日で終わったり。逆にシステムにあわせた業務フローを考えるという点では、効率的な運用がもっとできるなとおもいますし、いまの課題ですね。
いかにコストを抑えながらミスなく効率的にクオリティを保った作業ができるか。そこは物流における永遠のテーマだとおもいます。
入社した当社からいままで、ポートスタイルはとくに自分たちで仕組みをつくっていくという場面がおおく、他社経験もある自分にとってはすごく新鮮でした。
大変なこともありますが振り返るといろんなことが改善されたり良くなってきていると実感しています!これからも周りのみなさんと協力しながら、がんばっていきたいです!

Other Interview.

その他のインタビュー

自分を好きになれる場所!

ストア事業部
正社員 /ショップリーダー

変化し続ける会社

商品企画本部
正社員/企画生産管理部

チャレンジできる会社

EC事業部
正社員/マネージャー

Job List.

採用情報

img img